アイキャッチ画像
わからない
Wrath: Aeon of Ruin は、90年代のFPS黄金時代にインスパイアされた、クラシックな要素と現代的なゲームプレイを融合させたゲームです。しかし、単なる懐古シューターではなく、独自の魅力を持つ作品として評価できます。

Wrath: Aeon of Ruin は、懐古シューターファンはもちろん、FPS初心者にもおすすめできる作品です。90年代FPSの魅力を現代風にアレンジしたゲームプレイは、新鮮な体験を与えてくれます。


過去10年間は、Quakeのような昔ながらのタイトルに触発されたシューターのジャンルの大規模なリバイバルを見てきました。愛情を込めてブーマーシューティングゲームと呼ばれ、これらのゲームは、AAA大ヒットからほとんど知られていないインディージェムまで、あらゆる形とサイズがありました。このジャンルのリバイバルは、シューティングゲームのファンからの肯定的な反応を見てきました。これは、新しいインディーブーマーシューターが出ない限り、最近数ヶ月以上行くことができないようです。これらの中で最新のものであるこのレビューの主題は、怒りです:Aeon of Ruin。





このジャンルのタイトルがイノベーションと実験のためのホットベッドであった場合(Witchfireが抽出シューターからページを取るなど)、怒り:Aeon of Ruinは、古い学校の射手財団で他の現代のジャンルからアイデアを融合させるのに同様の道をたどります。Quakeに加えて、Wrath:Aeon of Ruinの最も直接的な比較ポイントは、SoftwareのDark Soulsフランチャイズから来ています。

「ゲームのレベルのいくつかは、インスピレーションにかなりの敬意を払っています」











Wrath: Aeon of Ruin Review Not Just Another Boomer Shooter

批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
WRATH: Aeon of Ruin。タイトルからして、90年代FPS黄金時代の亡霊かと思いきや、これが意外とええやんけ!

まず、グラフィック。Quakeエンジンをベースに現代風にアップデートされたビジュアルは、懐かしさと新鮮さを兼ね備えてる。古き良きポリゴンカクカク感は残しつつ、光源処理やテクスチャは現代風にリファインされてて、ヌルヌル動く。

次に、ゲームプレイ。こちらも90年代FPSの王道スタイルを踏襲。武器はショットガン、ロケットランチャー、レールガンなど、定番どころが揃ってる。敵の種類も豊富で、単なる的ではなく、それぞれ異なる動きや攻撃パターンを持つ。

ステージデザインも秀逸。単調な通路を進むのではなく、広大なマップを自由に探索できる。隠し部屋や隠しアイテムも豊富で、探索の楽しみが味わえる。

ストーリーは、よくあるファンタジー世界を舞台に、主人公が魔王を倒すために戦うというもの。特に目新しいことはないけど、王道展開は安心感がある。

WRATH: Aeon of Ruinは、単なる懐古主義シューターではない。90年代FPSの良さを踏襲しつつ、現代的な進化を遂げている。

まず、難易度。90年代FPSといえば、とにかく難しかった。しかし、WRATH: Aeon of Ruinは、難易度調整が細かく、初心者でも安心して楽しめる。

次に、豊富なオプション。グラフィック、サウンド、操作など、様々なオプションが用意されている。自分好みのプレイ環境にカスタマイズできるのは嬉しい。

そして、オンラインマルチプレイ。最大16人のプレイヤーで対戦できる。デスマッチ、チームデスマッチ、ドミネーションなど、様々なモードが用意されている。

WRATH: Aeon of Ruinは、完璧な作品ではない。

まず、バグが少々ある。プレイ中に何度かクラッシュした。

次に、ストーリーが薄い。もう少し深みのあるストーリーがあれば、より一層楽しめると思う。

しかし、これらの欠点を補って余りある魅力がある作品だ。90年代FPSファンはもちろん、現代のFPSファンにもオススメできる。

WRATH: Aeon of Ruinは、90年代FPSの良さを現代に蘇らせた作品だ。懐かしさと新鮮さを兼ね備えたグラフィック、王道スタイルのゲームプレイ、豊富なステージ、そして現代的な進化を遂げた要素。

完璧ではないけど、愛すべき作品だ。

武器の射撃感は良好。特にショットガンの重厚な手応えは最高。

敵のAIは賢く、プレイヤーを翻弄してくる。

音楽はメタル調で、テンションが上がる。

日本語字幕に対応しているので、ストーリーも安心して楽しめる。

WRATH: Aeon of Ruinは、90年代FPSファン待望の良作だ。懐かしのゲームプレイを現代風にアレンジした本作は、新たなファンにもオススメできる。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する