アイキャッチ画像

価格は現行モデルよりも高くなる可能性が高いですが、まだ正式発表はされていません。発売日は2024年末と予想されています。

SonyのアップグレードされたPlayStation 5 Proコンソールは、RedGamingTechによる最近のビデオとツイートでからかわれており、コンソール内のCPUとGPUの両方にいくつかの適切なパフォーマンスバンプを提供するかなり強化されたPS5 Proをからかっています。





噂によると、アップグレードされたPlayStation 5 Proコンソールは、8コアの16スレッドZen 2ベースのCPUを維持しますが、PlayStation 5の内側のAPUの少し上にクロックスピードを上げます。3.5GHz、上、低4GHz範囲に。悪くない。

現在のPlayStation 5コンソールには、最大2.23GHzの36 CUを搭載したRDNA 2ベースのGPUがあり、RedGamingTechは2.5GHzから2.8GHzの間に60 CUSを備えた重大なRDNA 3ハイブリッドGPUをからかいます。



PlayStation 5 Pro specs: CPU clocks higher, heavily beefed-up GPU in 2024



PS5 Proの詳細なスペックがリーク! 2024年末に発売予定のPS5 Proは、CPUのクロックアップと大幅に強化されたGPUを搭載し、より高いパフォーマンスと安定性を提供します。

ほな、PS5 Proの詳細スペックがリークされたらしいな。2024年末発売予定って、もう間もなくやないかい。そんで、CPUクロックアップとGPU大幅強化って、ようやっとこぎつけたって感じやけど、ほんま期待してええんやろか?

まず、CPUは3.7GHzから3.95GHzにクロックアップされるらしい。確かに5%アップは数字的には上々やけど、体感できるほどの変化は期待できへんやろ。せめて10%以上は上げないと、ゲームの動作が劇的に変わるってことはないわ。

問題はGPUや。現行PS5の2.23GHzから3.5GHzに大幅強化されるって、これはかなり期待できる数字やね。約57%もアップするってことは、8K解像度で60fps以上を目指すことも可能になるんちゃうか?

ただ、気になるのは消費電力や。現行PS5ですら350Wも食うてるのに、GPU強化したらもっと電力を食うようになるのは目に見えてる。熱暴走対策も心配やね。PS5 Proはデカくて重いって評判やけど、さらに巨大化せなあかんのか?

メモリは16GBのままらしい。これはちょっと残念やな。8K解像度でゲームを動かしたら、16GBでは足りなくなる可能性もある。せめて24GBは欲しかったわ。

ストレージは現行PS5と同じ825GB SSDらしい。これは問題ないんやないか?ロード時間は十分速いし、容量も必要最低限は確保されてる。

新機能としては、VRR(可変リフレッシュレート)に対応するらしい。これはええな。画面カクつきを抑えて、より滑らかなゲーム体験ができるようになる。

あと、M.2 SSDスロットの拡張にも対応するらしい。これは嬉しいニュースやね。ストレージ容量が足りなくなったら、自分で増設できる。

まとめると、PS5 ProはCPUクロックアップとGPU大幅強化によって、現行PS5よりも格段に高性能なゲーム機になることは間違いない。8K解像度でのゲームプレイも可能になるんちゃうか?

ただ、消費電力や熱暴走対策は心配や。あと、メモリは16GBのままってのはちょっと残念。

総合的に判断すると、PS5 Proは期待できるゲーム機ではあるけど、まだ完璧とは言えん。発売後に実際にプレイしてみて、真価を判断したいところや。

PS5 Proが発売されるまで、あと半年ほどある。それまでにこれらの気になる点が改善されることを期待したい。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する