アイキャッチ画像
わからない

開発チームは現在、初期段階のビルドをプレイしている段階。

詳細な情報は公開されていないが、開発が順調に進んでいることを示唆。

発売時期は未定だが、2026年以降になる可能性が高い。

初期ビルドプレイという情報は、具体的な進捗状況を明示していない。

2026年以降という発売時期は、ファンにとって待たされる可能性が高い。

ベセスダは過去にも発売延期を繰り返しており、信憑性への疑問も残る。

初期ビルドプレイの情報は、開発が一定の段階に達したことを示唆する一方で、完成までにはまだ時間がかかると思われる。

ベセスダは、ファンからの期待に応えられるよう、開発状況を定期的に報告していく必要がある。

発売時期については、公式発表を待つ必要があるが、2026年以降になる可能性は十分に考えられる。



ベセスダは「The Elder Scrolls 6」の開発状況について最新情報を発表。





要点:

映画「君の名は。」

おう、そこのお前ら、映画「君の名は。」観たんか?よう見とったな、ほんで感想聞かせてくれや。ワシはよう見とったけど、色々思うとこあったわ。

まず、映像は綺麗やったな。特に風景は、ほんまに日本って美しいんやなって思わされたわ。東京の街並みとか、田舎の風景とか、よう描きとったな。ただ、ちょっと動きがぎこちなかったり、キャラの表情が硬かったりするシーンもあったな。もっと自然な動きや表情があれば、もっとええ映画になったと思うわ。

ストーリーは、よくある入れ替わりものって感じで、目新しさはなかったな。ただ、テンポは良かったし、最後まで飽きずに観れたわ。特に、糸守町が彗星で壊滅するシーンは、ハラハラドキドキやったな。ただ、ラストはちょっとご都合主義な展開やったように思うわ。もう少し現実的な展開の方が、良かったんちゃうかな?

キャラクターは、瀧と三葉を中心に、それぞれ個性があって良かったわ。特に、三葉は方言で喋ってるところが、新鮮で良かったな。ただ、瀧はちょっと優柔不断な性格やったし、三葉はちょっと感情的すぎる性格やったように思うわ。もっと魅力的なキャラクターになるように、もう少し掘り下げて描いてほしかったな。

テーマは、運命とか、愛とか、よくあるテーマやったな。ただ、映像やストーリーを通して、しっかりと伝わってきたわ。特に、糸守町の人々の絆とか、瀧と三葉の愛情とか、感動的なシーンもあったな。ただ、テーマをもっと深く掘り下げて、観客に考えさせるような映画になっていたら、もっとええ映画になったと思うわ。

音楽は、RADWIMPSが担当しとったけど、ええ曲やったな。特に、「前前前世」とか、「スパークル」とか、映画の雰囲気に合っとって良かったわ。ただ、ちょっと曲が多すぎて、ストーリーに入り込めなかったって人もいるみたいやな。もう少し曲数を減らして、ストーリーに集中できるような構成の方が、良かったんちゃうかな?

全体的に、ええ映画やったけど、色々惜しいところもあったな。もっと映像やストーリーを磨き上げたら、もっとええ映画になったと思うわ。ただ、新海誠監督の才能は十分に感じられたので、今後の作品に期待しとるわ。

方言の使い方が不自然なところがあった。

セリフが棒読みで、感情が伝わってこないところがあった。

ストーリー展開が読めてしまう。

キャラクターの設定が薄い。

ラストがハッピーエンドすぎて、現実味が薄い。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する