アイキャッチ画像
わからない

設定: 呪われた橋という設定は、読者の好奇心を刺激します。

没入感: 主人公の視点から物語が語られるため、読者は主人公の恐怖や困惑を共有することができます。

長さ: 本書のページ数は明記されていませんが、前作と同じくらいの長さであることが示唆されています。



『The Bridge Curse』の続編である『The Bridge Curse 2: The Extrication Interview』は、主人公の[主人公の名前]が、呪われた橋の謎を解き明かそうとする物語です。前作で橋から落下し、瀕死の重傷を負った[主人公の名前]は、奇跡的に一命を取り留めます。しかし、彼は事故の記憶を失い、奇妙な幻覚に悩まされるようになります。





タイトル: The Bridge Curse 2: The Extrication Interview 設定、没入感、長さ、その他

ほな、The Bridge Curse 2: The Extrication Interview、プレイさせてもらったわ。

まず、舞台設定はええ感じやね。廃墟となった病院とか、薄暗い雰囲気とか、ホラーゲームとしては王道やけど、やっぱりええわ。特に、病院内の資料とか写真とか、細かい設定まで作り込まれてて、プレイヤーの想像力を掻き立ててくれるわ。

没入感に関しては、ええところと悪いところがある。

ええところは、やっぱりグラフィックや音響やね。グラフィックはめっちゃリアルで、病院の薄暗い雰囲気がめっちゃええ感じに表現されてて、プレイしてて怖くなるわ。音響も、物音とかBGMとかがめっちゃリアルで、臨場感あふれるわ。

悪いところは、操作性やね。操作性がちょっとモッサリしてるから、せっかくの恐怖感が薄れてしまうわ。あと、視点移動がちょっとやりにくい。

長さは、ちょっと短いかな。もっと長くてもええと思ってたわ。せめて、もう1時間くらいは長くてもよかったかな。

とかかな。

全体的に、The Bridge Curse 2: The Extrication Interviewは、ええホラーゲームやと思う。ただ、操作性とか長さとか、もう少し改善できる点があるかな。

まあ、ホラーゲーム好きなら、プレイしてみる価値はあると思うわ。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する