アイキャッチ画像
龍が如く

龍エンジンは、リアルタイムアクションとRPG要素を融合させたゲームエンジンである。

龍エンジンは、シリーズのファンから好評を得ている。

一部のファンは、龍エンジンはそろそろ限界に達しているのではないかと考えている。

龍が如くスタジオは、龍エンジンを使い続けることを発表した。

龍が如くスタジオは、龍エンジンをさらに改良していくと述べている。

龍エンジンは、シリーズのファンから好評を得ている一方で、一部のファンからは批判もある。



龍が如くシリーズは、2017年の「龍が如く7 光と闇の行方」から龍エンジンを使用している。





龍が如くシリーズは龍エンジンを使い続ける

龍が如くシリーズは、2017年発売の「龍が如く0 誓いの場所」から龍エンジンを採用し、今年発売された「龍が如く 維新! 極」まで、5作品連続で同じエンジンを使用している。

確かに龍エンジンは、リアルなグラフィックやスムーズなアクションを実現し、シリーズの進化に大きく貢献した。しかし、ここ数年はエンジンを使い続けることによる弊害も目立ち始めてきた。

同じエンジンを使い続けることで、ゲームプレイやグラフィック表現にマンネリ化が見られるようになってきた。特に戦闘は、基本的なシステムは「龍が如く0」からほとんど変わっていない。

龍エンジンは、高性能なハードウェアを必要とするため、PS4やXbox Oneといった旧世代のゲーム機では動作しない。そのため、新規プレイヤーがシリーズを始めるには、PS5やXbox Series X/Sといった最新機種が必要になる。

龍エンジンは、高性能なエンジンであるため、開発コストも高額になる。そのため、開発費を抑えるために、新規タイトルの開発が遅れたり、DLCの販売に力を入れたりといった弊害も考えられる。

近年は、オープンワールドゲーム市場は非常に競争が激化している。龍が如くシリーズも、他のゲームと差別化を図るために、新しいエンジンを採用する必要がある。

龍エンジンを使い続けるメリットとしては、以下の点が挙げられる。

龍エンジンを使い続けるデメリットとしては、以下の点が挙げられる。

龍エンジンは、龍が如くシリーズに大きく貢献した素晴らしいエンジンである。しかし、そろそろ限界が見えてきたのも事実だ。

今後の龍が如くシリーズは、新しいエンジンを採用することで、マンネリ化を防ぎ、新規プレイヤーを獲得し、他社との競争力を高める必要がある。

以下は、龍が如くシリーズの今後の開発における具体的な提案である。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する