アイキャッチ画像
わからない

提供されるコスチュームやエモートは、ゲームプレイに必須ではないため、その価値については意見が分かれます。

バトルパスのレベル上げには、多くの時間と労力が必要となるため、カジュアルなプレイヤーにとっては負担となる可能性があります。

シーズン1バトルパスは、ゲームをより楽しめるようにする追加コンテンツですが、課金する価値があるかどうかは、プレイヤーの個々の判断に委ねられます。

バトルパスには、キャラクターコスチューム、エモート、武器スキン、ネームプレート、スプレーなどのアイテムが含まれています。

バトルパスは、ゲーム内通貨で購入できます。

バトルパスのレベルを上げると、より多くのアイテムを獲得できます。

シーズン1バトルパスは、2024年3月28日から6月27日まで利用可能です。



バトルパスは、ゲームプレイに直接影響を与える要素ではなく、課金によってのみ入手できるため、一部のプレイヤーからは批判されています。





キル・ザ・ジャスティス・リーグ シーズン1 バトルパス:批判的視点

ほな、DCコミックスのヒーローたちが悪党になった世界を舞台にした『キル・ザ・ジャスティス・リーグ』のシーズン1バトルパスについて、辛口で批評していくで。

まず、一番の問題は、内容が薄いことやね。シーズン1のバトルパスには、100レベル分の報酬が用意されているんやけど、そのほとんどがしょーもないアイテムばかり。キャラクタースキンは数種類あるものの、どれも微妙なデザインで、着替える気にならん。武器スキンも、性能に変化があるわけちゃうし、単なる見た目の違いだけ。せめて、キャラクターの能力に変化を与えるようなユニークなスキンとか、もっとワクワクするような報酬を用意してほしかったわ。

それに、レベル上げがダルいのも難点。レベルを上げるには、チャレンジをクリアしていく必要があるんやけど、これがとにかく単調で飽きる。敵を倒せとか、特定の場所でアクションしろとか、どれも似たようなチャレンジばかりで、新鮮味がない。せめて、もっとバラエティ豊かなチャレンジを用意して、プレイヤーが飽きないように工夫してほしかったわ。

おまけに、課金要素が多いのも気になる。バトルパスには無料版と有料版があるんやけど、無料版で手に入るアイテムはほんの一握り。まともなアイテムを手に入れようとすると、課金が必要になる。しかも、課金しても手に入らないレアアイテムもあるんやから、金儲け主義が透けて見えて、腹立たしいわ。

ストーリーに関しては、一応あるんやけど、薄っぺらいのなんの。シーズン1のストーリーは、バットマンがジャスティス・リーグのメンバーを殺害していくという内容なんやけど、その動機や目的が曖昧で、プレイヤーを惹きつける力がない。せめて、もっと深みのあるストーリーを用意して、プレイヤーをゲームの世界に引き込んでほしかったわ。

全体的に見ると、『キル・ザ・ジャスティス・リーグ』のシーズン1バトルパスは、内容が薄くて、レベル上げがダルくて、課金要素が多いという、残念な出来栄え。DCコミックスのファンなら、多少は楽しめるかもしれないけど、そうでない人にはオススメできんわ。

せめて、シーズン2ではこれらの点を改善して、もっとプレイヤーが楽しめるようなバトルパスにしてほしいわ。

内容が薄くて、レベル上げがダルくて、課金要素が多い。DCコミックスのファンなら、多少は楽しめるかもしれないけど、そうでない人にはオススメできない。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する