アイキャッチ画像
アクションRPG Dragon’s Dogma 2



発売から1年経過した今も愛されるドラゴンズドグマ2。今回のアップデートで、さらに遊びやすくなった。





PS5版にモーションブラー、レイトレーシング、30FPSオプション追加!

PS5版のアップデートでモーションブラー、レイトレーシング、30FPSオプションが追加されたらしいな。ほんで、皆は喜んでるみたいやけど、俺はちょっと待ってほしいって思うんや。

まず、モーションブラー。これは画面をぼかすことで動きの滑らかさを演出する機能やねんけど、俺は正直あまり好きになれん。せっかくの美麗なグラフィックがぼやけてしまうし、酔いやすくなる人もおる。まあ、人によって好みは分かれるから、オプションとして追加されたのはええんやけど、デフォルトでオンになってるのはいただけない。

次に、レイトレーシング。これは光源の反射や屈折をリアルに表現する機能やねんけど、処理が重くてフレームレートが下がるデメリットがある。PS5ならともかく、PS4 ProやPS4 Slimではまともに動かへん可能性が高い。せっかくの美麗なグラフィックも、カクカクやったら台無しや。

まあ、開発陣としては、いろんな人のニーズに応えようと頑張ったんやろうけど、個人的にはちょっと中途半端なアップデートやと思う。モーションブラーはデフォルトでオフ、レイトレーシングはPS5専用、30FPSオプションはアクションゲームやシューティングゲームには適用しない、というように、もう少しメリハリをつけたほうがよかったんちゃうかな。

それに、今回のアップデートは、根本的な問題を解決するものではない。例えば、ロード時間が長い、バグが多い、といった問題は相変わらず残っている。

開発陣には、もっとユーザーの声に耳を傾けて、本当に必要な機能や改善点を優先的に取り組んでほしい。

とは言え、今回のアップデートは、PS5版のグラフィックをさらに向上させる可能性を秘めている。特に、レイトレーシングは、光の表現をリアルにすることで、ゲームの世界に没入感を高める効果が期待できる。

今後、開発陣がさらに改良を重ねて、よりユーザー満足度の高いゲームにしてくれることを期待したい。

モーションブラーはデフォルトでオフ、レイトレーシングはPS5専用、30FPSオプションはアクションゲームやシューティングゲームには適用しない、というように、もう少しメリハリをつけたほうがよかった。

根本的な問題(ロード時間が長い、バグが多い)は相変わらず残っている。

PS5版のグラフィックをさらに向上させる可能性を秘めている。

開発陣には、ユーザーの声に耳を傾けて、本当に必要な機能や改善点を優先的に取り組んでほしい。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する