アイキャッチ画像
サイバーパンク

しかし、ファンの中には、モバイルゲームがシリーズの品質を損なうのではないかと懸念する声もある。

CD Projekt Redは、モバイルゲーム開発会社を選ぶ際には慎重な判断を下す必要がある。

この動きは、CD Projekt Redにとっても、モバイルゲーム業界にとっても重要な転換点となる可能性がある。

今後の展開に注目したい。



この動きは、モバイルゲーム市場の成長と、CD Projekt Redが新たな収益源を探していることを示唆している。







CD Projekt Redは、ウィッチャーとサイバーパンク2077のIPをモバイルゲーム開発会社にライセンス供与することを検討している。

まず、ええところから言うと、これはええチャンスやと思うねん。CD Projekt Redは、ストーリー性の高いゲームで定評のある会社やけど、モバイルゲーム市場はまだまだ開拓の余地がある。そこに参入することで、新たなファン層を獲得できる可能性がある。

それに、モバイルゲームは手軽にプレイできるってメリットがあるから、今まで「ウィッチャー」や「サイバーパンク2077」をプレイしたことない人にも、この世界観に触れてもらうきっかけになる。

ほんで、問題点としては、まず、モバイルゲームの開発会社選びが重要になるってことやな。せっかくのIPを、粗悪なゲームにされてしまうようやったら、ファンも怒るし、ブランドイメージも悪くなる。

それに、モバイルゲームって、どうしても課金要素が強くなる傾向がある。せっかくストーリー性の高いゲームなんやから、無理な課金でゲームプレイが制限されるようやったら、本末転倒やわな。

あと、モバイルゲームって、どうしてもコンシューマーゲームと比べてゲーム性が劣ってしまう場合が多い。せっかくの「ウィッチャー」や「サイバーパンク2077」の世界観を、モバイルゲームで再現できるんか、ちょっと不安があるわな。

まとめると、CD Projekt Redが「ウィッチャー」と「サイバーパンク2077」のIPをモバイルゲーム開発会社にライセンス供与するって話は、可能性は秘めてるけど、同時にリスクもあるって話やな。

個人的には、ええゲームが作られることを期待してるけど、同時に、不安も大きい。CD Projekt Redには、慎重に開発会社を選んで、クオリティの高いゲームを作ってもらいたいわな。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する