アイキャッチ画像
わからない

Oyamada 氏は、Famitsu: URL Famitsu とのインタビューの中で、Visions of Mana は過去のマナシリーズ作品から多くの要素を取り入れ、新たなストーリーとキャラクターを加えた、シリーズの集大成のような作品であると述べています。

また、ゲームにはソロプレイやマルチプレイ、そしてやり込み要素満載のエンドゲームコンテンツも用意されているとのことです。

Visions of Mana は、マナシリーズのファンはもちろん、アクションRPGファンにもおすすめの作品です。



Visions of Mana は、シリーズ史上最多のコンテンツ量を収録した作品になると、プロデューサーの Masaru Oyamada: URL Masaru Oyamada 氏が語っています。





Visions of Mana はシリーズ史上最多のコンテンツ量を収録!プロデューサーが語る

まず、キャラクター。確かに歴代キャラ総出演ってのはええけど、使い回しやんけ。せっかく3Dになったんやから、もっと新規キャラ作って欲しかったわ。ストーリーも、過去の作品を繋ぎ合わせただけって印象。新規エピソードはほんま少な。

クラスチェンジも、システムとしては面白いけど、結局のところジョブシステムのパクリやんけ。もっとオリジナリティのあるシステム考えられへんかったんか?

マルチプレイも、協力プレイはええけど、PvPはバランス悪いし、コンテンツも少ない。せっかくオンライン対応なんやから、もっと力入れて欲しかったわ。

ええところとしては、BGMは良かったな。歴代の名曲をアレンジしたやつは、懐かしくてええ感じやった。あと、グラフィックも綺麗になってた。

もっとボリュームのあるストーリー、もっと個性的なキャラクター、もっと充実したマルチプレイ。

ファンとしては、そっちの方がよっぽど嬉しいんやけどな。

期待しとくわ。

シリーズ史上最多のコンテンツ量ってのは言い過ぎ。期待外れやった。

今後のコンテンツ追加に期待しとるわ。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する