アイキャッチ画像
任天堂の人気ゲーム「ゼルダの伝説」の実写映画が、ソニー・ピクチャーズとの共同制作で実現するかもしれない。

この映画は、任天堂が50%以上を出資し、全世界配給もソニーが行う予定だ。監督は「メイズ・ランナー」シリーズのウェス・ボール氏が務める。

「ゼルダの伝説」は、世界中で多くのファンを持つ人気ゲームシリーズだ。実写映画となれば、さらに多くの人々にその魅力が伝わるに違いない。

ゼルダの伝説に基づいた映画の噂はここ数年ずっと出回っていましたが、ついにお知らせがあります。 ゼルダの伝説の実写映画が制作されることが正式に発表されました。 今年の初めに大ヒットしたスーパーマリオブラザーズ映画の成功を受けて、任天堂はゼルダの伝説の実写映画化に取り組んでいることを発表しました。





この映画は、任天堂とソニー・ピクチャーズが共同制作し、任天堂が50%以上を、ソニーが世界的な劇場公開の責任を負う予定です。アヴィ・アラッド(スパイダーマンシリーズなど、他の作品もプロデュースしている)がプロデュースを務め、『メイズ・ランナー』三部作やUpcoming 『猿の惑星の王国』の監督であるウェス・ボールが監督を務めます。また、任天堂は映画のビジュアルコンテンツも制作する予定です。


任天堂が『ゼルダの伝説』の実写映画をソニー・ピクチャーズと共同で制作する、とのニュースを聞いた。これは非常に嬉しいニュースだ。『ゼルダの伝説』は、世界中で多くのファンを持つ人気ゲームシリーズであり、実写映画化となれば、その世界観やキャラクターをより多くの人々に届けることができるだろう。

実写映画化の成功には、ゲームの原作の世界観やキャラクターを忠実に再現しつつ、映画ならではの魅力を加えることが重要だ。任天堂が自らプロデュースに参加するとのことなので、その点には期待したい。また、監督を務めるウェス・ボール氏は、『メイズ・ランナー』シリーズや『スコーピオンキング』などのヒット作を手掛けた経験豊富な人物であり、その手腕にも期待がかかる。

公開時期や具体的なストーリーはまだ発表されていないが、今後の続報に注目したい。『ゼルダの伝説』ファンにとって、この実写映画は待望のプロジェクトに違いない。



Nintendo is Working on a Legend of Zelda Live Action Movie with Sony Pictures

スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する