アイキャッチ画像
ソニーの次世代ゲーム機PS5が、世界累計出荷台数4660万台を突破した。これは、前モデルのPS4の記録を約2年で更新し、史上最速のペースで売れている。

この数字は、PS5の人気の高さを示している。PS5は、強力なグラフィック性能や、独自のコントローラー「DualSense」など、さまざまな魅力を備えている。また、コロナ禍でゲームの需要が高まっていることも、PS5の売り上げを後押ししていると考えられる。

今後も、PS5の人気は続くと予想される。新たなソフトの発売や、PS5の普及が進むことで、さらに多くのユーザーを獲得するだろう。

2023年9月30日時点でのPlayStation 5の世界累計出荷台数は4,660万台に達しました。また、2024年第2四半期の出荷台数は490万台で、前年同期比で160万台増加しました。





PS4とPS5を合わせたソフトウェアユニットの販売数は、その3ヶ月間で6,760万本となり、前年同期から510万本増加しました。このうち、ファーストパーティタイトルは470万本で、前年同期から190万本減少しました。一方、ソフトウェアの販売の67%はゲームのデジタルダウンロードで、昨年から4%増加しました。


PS5の出荷台数が4660万台を突破したとのことで、驚きと喜びを感じている。

PS5は、発売当初から品薄が続いており、なかなか手に入らない状況が続いていた。しかし、最近では徐々に供給が安定しつつあり、多くのユーザーがPS5を手にできるようになってきた。

今回の出荷台数の突破は、その人気の高さを示すものであり、今後もPS5の勢いは続いていくだろう。

また、日本のゲーム業界にとっても、PS5の成功は大きな意味を持つ。PS5は、日本のゲームメーカーの開発力の高さを世界に示した製品であり、今後も日本のゲーム業界の発展に貢献していくだろう。



PS5 Tops 46.6 Million Units Shipped Worldwide

スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する