アイキャッチ画像
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のCEO、ジム・ライアン氏は、ストーリー重視のゲームが同社の第一パーティタイトルの「基盤」であり続けるだろうと語りました。

ソニーは近年、ライブサービススペースでの努力を積極的に拡大し続けており、ConcordやFairGame $など、現在パイプラインにあるライブサービスタイトルのいくつかを明らかにし始めました。そして、PlayStationのファーストパーティーが同義語になった物語主導の経験に重点を置くことを意味することを心配している人もいますが、Sony Interactive Entertainment CEOのJim Ryanはそうではないと述べています。





彼の引用は、最近のMicrosoft Court Documentの一部としてリークされた2022年のアナリストとのQ&Aセッションから来ています。ファーストパーティーゲームからの収益を2倍にするというソニーの計画が、2026年4月以前に予定されている同社の10のライブサービスタイトルに完全に依存しているかどうかを尋ねられたとき(この特定のQ&Aセッション以来、同じ期間に12リリースに増加しました)、ライアンはソニーがしないと言いましたこれらのリリースのすべてが成功することを期待していますが、成功したと見なされているかどうかは、ケースごとに異なります。彼は続けて、同社はまた、「物語が豊富な」タイトルが知られるようになった「物語の豊富な」タイトルを公開し続けると付け加えた。


ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のCEOであるジム・ライアン氏が、ストーリー重視のゲームは同社のファーストパーティタイトルの「基盤」であり続けるだろうと語ったことは、非常に喜ばしいことだ。

近年、ゲーム業界では、マルチプレイやオープンワールドなどの要素を重視する傾向がある。しかし、ストーリー重視のゲームは、プレイヤーに深い没入感と感動を与えることができる、ゲームの重要な要素だ。

SIEは、これまでも「The Last of Us」シリーズや「God of War」シリーズなど、数々の名作ストーリー重視ゲームを世に送り出してきた。今後も、同社がストーリー重視のゲーム開発に注力し続けてくれることで、ゲーム業界全体の活性化につながるだろう。



PlayStation Boss Says Story-Driven Games Will Remain the “Bedrock” of Sony First Party

スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する