アイキャッチ画像
この衝撃的な事実が明らかになったのは、サンフランシスコで進行中の裁判で、マイクロソフトの内部メールが証拠として提出されたためだ。

Activision Blizzardの獲得に関して、MicrosoftのFTCとの仮差止命令の一部として、いくつかの興味深い詳細が明らかになっています。2021年に、潜在的なスタジオと出版社が購入するための合併と買収文書を準備しました。その前に、2019年12月のメールで、Xbox Game StudiosのヘッドMatt Booty氏は、同社は「ソニーを廃業するために非常にユニークな立場にある」と述べました。





The Vergeで明らかにされたように、Bootyは競争がコンテンツを進めないように、2~30億ドルを費やしたいと考えていました。「この時点で、誰もが大規模に新しいビデオストリーミングサービスを開始することは事実上不可能です。」競合他社に関して、彼は次のように述べています。「ゲームでは、Googleはスタジオを稼働させることができるようになってから3~4年です。Amazonは、ゲームコンテンツで実行する能力を示していません。


2019年12月にXbox Game Studiosの責任者であるマット・ブーティ氏が、マイクロソフトはソニーを倒すことができる立場にあると述べていたというニュースを見た。

このニュースに対して、私は「非常に残念だ」と感じる。

ゲーム業界は、競争によって新たな価値が創出され、消費者がより良い体験を得ることができるという点で、健全な競争が求められる市場である。しかし、ブーティ氏の発言は、競争を排除し、独占を図ろうとする意図が感じられるものであり、ゲーム業界にとって好ましくない傾向だ。

ブーティ氏の発言は、マイクロソフトがソニーを買収するために、法的な障壁を排除するために画策していたことを示唆している。もしマイクロソフトがソニーを買収することに成功すれば、ゲーム業界における寡占状態がさらに進み、消費者にとって選択肢が狭まる可能性がある。

また、ブーティ氏の発言は、ゲーム業界の競争が激化する中で、企業が生き残るためには、他社を倒すことが唯一の選択肢であると考えていることを示唆している。これは、ゲーム業界全体にとって、健全な競争を維持していく上で、大きな懸念材料となる。

今後、ゲーム業界がより健全な競争を維持していくためには、企業が競争を排除するような行動を慎む必要があるだろう。また、消費者も、企業の競争姿勢を注視し、独占的な傾向が見られるような場合には、声を上げていくことも重要である。



Xbox Game Studios Head Wanted to “Spend Sony Out of Business” in December 2019

スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する