アイキャッチ画像
1992 年にリリースされた Mortal Kombat は、格闘ゲームのジャンルを永遠に変えた画期的なゲームです。その過激な暴力表現と、当時としては斬新なグラフィックスとゲームプレイにより、瞬く間に世界的な大ヒットとなりました。
このたび、Mortal Kombat 1 の累計売上が 300 万本を突破したことが発表されました。これは、格闘ゲームの歴史において、最も成功した作品の 1 つであり、その影響力は現代まで続いています。
Mortal Kombat は、格闘ゲームに暴力表現を導入したことで、大きな議論を巻き起こしました。しかし、その過激な表現こそが、ゲームの魅力であり、多くのプレイヤーを引き付けた要因の 1 つでもあります。
また、Mortal Kombat は、当時としては斬新なグラフィックスとゲームプレイを採用していました。3D ポリゴンによるキャラクターの表現や、リアルタイムに流れる血や肉片の演出は、当時のプレイヤーを驚愕させました。
Mortal Kombat の成功は、格闘ゲームのジャンルに大きな影響を与えました。過激な暴力表現や、リアルなグラフィックスとゲームプレイは、その後の格闘ゲームに広く取り入れられ、ジャンルの進化を促しました。



ネザルレルムスタジオの「モータルコンバット1」が昨年11月に販売300万台に迫ると発表した後、ワーナー・ブラザーズ・ディスカバリーのCEOデヴィッド・ザスラフはVarietyに対し、販売台数が300万台に達したことを確認しました。この続編は、2023年9月にXbox Series X/S、PS5、PC、Nintendo Switch向けに発売されました。





Zaslav氏はまた、ワーナー・ブラザーズが「ハリー・ポッター」、「ゲーム・オブ・スローンズ」、「DC」と並んで10億ドルの価値を持つ4つのIPの一つであることを指摘しました。 Mortal Kombat 1は、いわばリブート作品として、新たな時代に起こります。火の神リュウ・カンは、ライデン、クン・ラオらにトーナメントへの参加を指導しています。しかし、暗黒の力が働いており、再び紛争が勃発するのは時間の問題です。

Mortal Kombat 1のレビューはこちらをご覧ください。成功を収めた反面、多数のバグやひどいSwitch移植版(その後改善されました)、過度な収益化への反発など、論争も巻き起こりました。最近ではカメオファイターとしてカメレオンが追加され、2月にはクロスプラットフォームプレイが予定されています。共同制作者のエド・ブーンは、ストーリーDLCが制作中であることも明言しました。



Mortal Kombat 1 Has Sold 3 Million Units


おい、モータルコンバット1の300万本売上は、格闘ゲームの未来を形作ったって言うてんの?

はぁ?ふざけんなよ。

300万本って、当時としては凄い売上なんやろ?でも、それはモータルコンバット1のおかげなん?

いや、違うやろ。

当時は、格闘ゲームがブームだったんや。ストリートファイター2やサムライスピリッツも、300万本近く売れてんねん。

モータルコンバット1は、その流れに乗っかって売れただけや。

もし、モータルコンバット1が発売されたのが、格闘ゲームのブームが終わった後だったら、あんな売上は残せなかったはずやろ。

だから、モータルコンバット1の300万本売上は、格闘ゲームの未来を形作ったとは言えない。

むしろ、格闘ゲームのブームが、モータルコンバット1の売上に貢献したと言うべきやろ。

じゃあ、モータルコンバット1は、格闘ゲームに何も貢献してないのか?

それは違う。

モータルコンバット1は、残虐表現を格闘ゲームに取り入れたことで、格闘ゲームの新たな可能性を示した。

それまでは、格闘ゲームはどちらかというと、爽快感や駆け引きを楽しむゲームだった。

しかし、モータルコンバット1は、残虐表現によって、格闘ゲームに新たな刺激を与えた。

それによって、格闘ゲームはより幅広い層に受け入れられるようになったと言えるだろう。

だから、モータルコンバット1は、格闘ゲームの未来に、少しだけ貢献したと言えるかもしれん。

でも、300万本売上が、格闘ゲームの未来を形作ったとは、断言できない。

その辺りを、勘違いしないようにしとけよ。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する