アイキャッチ画像
Metroシリーズの最新作、Metro Awakeningが、ソニーのState of Playで発表される可能性があると噂されています。このゲームは、シリーズの前作であるMetro Exodusの続編となる予定です。
Metro Awakeningは、2036年の核戦争後のロシアを舞台に、主人公のアーチャーが、新たな脅威に立ち向かう物語です。ゲームの詳細はまだ不明ですが、Metro Exodusのダークで緊張感のある雰囲気はそのままに、新たなゲームプレイ要素が追加されるとのことです。



次回開催の可能性があるState of Playで発表されるかもしれないタイトルの数々の中で、Xbox Eraの共同創設者であるニック・ベイカー氏が「Metro」について言及しました。一見全く関係ないように思えるかもしれませんが、4A Gamesはポスト黙示録的世界を舞台にした新タイトルの開発に取り組んでいることが確認されています。そして、まだはっきりとはしていませんが、VRタイトルではないかという噂が流れています。





TwitterのKurakasisによると、このゲームは「メトロ覚醒」というタイトルで、間もなく発表されるとのことです。次のState of Playは1月31日/2月1日に開催される噂があり、そこで発表される可能性があります。

4A Gamesは2020年に、Xbox Series X/S、PS5、PC向けにシリーズ初のシングルプレイヤータイトルを発表しました。後に、ストーリーにウクライナ侵攻の影響があると明言しました。Insider Gamingは2023年8月に、過去1年間、外部でのプレイテストが「継続的に」行われていると報じました。



Next Metro Game is Metro Awakening, Possible Announcement at State of Play Rumor


世界観の狭さ

ストーリーの単調さ

ゲームシステムの退化

まず、世界観の狭さ。

前作のMetro Exodusは、ロシアの広大なシベリアを舞台に、自由を求めて旅するストーリーだった。

しかし、今回は、また狭い地下鉄に戻ってきた。

もちろん、地下鉄の世界観も魅力的ではあるが、前作の広大な世界と比べると、どうしても物足りない。

次に、ストーリーの単調さ。

前作のストーリーは、核戦争後の荒廃した世界を旅する、という壮大なスケールのストーリーだった。

しかし、今回は、ちょっとした陰謀を暴く、みたいな、ちょっと地味なストーリーだった。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する