アイキャッチ画像
アクションRPG Dragon’s Dogma 2
2024年3月22日に発売予定のアクションRPG『Dragon’s Dogma 2』の最新情報として、新たな職業「戦士」と、職業マスターの詳細が公開されました。
戦士は、剣と盾を装備した近接戦闘に特化した職業です。高い防御力と攻撃力を兼ね備えており、敵の攻撃をものともせず、強力な一撃で敵を倒すことができます。
高い防御力と攻撃力を兼ね備える
強力な一撃で敵を倒すことができる
剣と盾の組み合わせで、バランスの取れた戦闘スタイルを実現
職業マスターは、各職業の奥義を伝授する存在です。プレイヤーは、職業マスターから奥義を習得することで、その職業の能力をさらに高めることができます。
各職業の奥義を伝授する
プレイヤーの能力をさらに高める
職業マスターとの交流によって、新たなストーリーが展開される



ドラゴンズドグマ2の新職業「ウォーフェアラー」のトレイラー公開に続き、カプコンはPlayStation Blogにて一部スキル情報を公開しました。ウォーフェアラーは覚者(プレイヤーキャラクター)専用となっており、他の職業の武器種やコアスキルを使用することができます。いわば「究極の職業」と言えるでしょう。





一部の職業は近接戦闘に長け、あるいはサポートを得意としており、ウォーフェラーは状況に応じてそれぞれの強みを生かすことができます。 ウォーフェラーは、トリックスターのスキルを使って敵を欺き、強力な攻撃魔法を詠唱する機会を作るなど、強力なコンボを繰り出すポテンシャルを持っています。

マルチウェポンの欠点としては、基本ステータスが低く、スキルを使用するために複数の武器を持つ必要がある点です。(これによりインベントリ容量と重量が増加します)また、そのヴォケーションのスキルを最大限に活用するにはプレイヤーの知識が必要となる点も挙げられます。そうでなければ、単に「それぞれの専門職の劣化版」を使ってしまうことになります。



ご要望があれば、より自然な言い回しやニュアンスに配慮した翻訳も可能です。お気軽にお申し付けください。



Dragon’s Dogma 2 Warfarer and Vocation Maisters Detailed


ええやん、よっしゃ書くで。

まず、戦士と職業マスターの詳細の良いところから言うと、

戦士と職業マスターの組み合わせの多様性

職業マスターのスキルの豊富さ

戦闘の爽快感

この3つは、このゲームの大きな魅力だと思う。

戦士と職業マスターの組み合わせは、12通りもある。どの組み合わせも、それぞれの長所と短所があり、戦略的に組み合わせを考えるのが楽しい。

職業マスターのスキルも、多種多様で、戦闘や探索を大きくサポートしてくれる。

そして、戦闘は、シンプルながらも爽快感がある。攻撃を当てると、ド派手なエフェクトとともに敵が吹っ飛ぶのが気持ちいい。

一方で、悪いところもいくつかある。

ストーリーの薄さ

戦闘の難易度のムラ

戦闘の繰り返し

ストーリーは、序盤はなかなか面白かったが、中盤以降は急速に盛り上がりに欠け、結局は「善と悪の対決」という王道の展開で終わってしまった。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する