アイキャッチ画像
グランブルーファンタジー リリンクa
2024年2月2日 - Cygamesの人気RPG「グランブルーファンタジー」の3Dアクションゲーム「グランブルーファンタジー リリンク」が、2月1日にSteamで発売されました。
発売初日、リリンクは73,943人の同時接続プレイヤー数を記録し、Steamの人気トップ10にランクインしました。これは、日本のゲーム開発会社によるゲームとしては、非常に高い数字です。
この好調なスタートは、リリンクが多くのファンから期待されていたことを示しています。
3Dアクション
豊富なキャラクター
壮大なストーリー
マルチプレイモード
リリンクは、ファンタジーゲームファンにおすすめのゲームです。
詳細情報
批評家からの評価
リリンクは、美しいグラフィックと爽快なアクションで、ファンから好評を得ています。
一方で、ストーリーやマルチプレイモードについては、賛否両論があります。
今後の展望
リリンクは、今後もアップデートが予定されています。
今後のアップデートで、ストーリーやマルチプレイモードが改善されることを期待しています。



2024年が始まって数週間は、話題の新作が目白押しでしたが、グランブルーファンタジー リリンクは批評家からの評価こそ爆発的なものではなかったものの、プレイヤーを引きつける力という意味では、間違いなく2024年序盤の注目作リストに加わりました。





維新! 極』のピーク同時接続プレイヤー数は46,161人、本日発売された『ペルソナ3 リマスター』は現時点では42,112人でした。どちらも最近発売された、好評を博しているRPGタイトルです。

フォールン・ダイナスティ』(75,906人)です。



Granblue Fantasy: Relink Peaks at Nearly 74,000 Concurrent Steam Players at Launch


同時接続プレイヤー数が74,000人に迫る!…ほな、そないにええゲームなん?

ほな、同時接続プレイヤー数が74,000人に迫ってるって言うんやね。確かに、それはすごい数字やわ。でも、数字だけ見て「ええゲーム」って断言するのは早計ちゃうか?

まず、そのゲームがどんなジャンルかによって、74,000人の意味合いは大きく変わってくると思うねん。例えば、アクションゲームとか格闘ゲームとか、プレイヤー同士が対戦するゲームの場合、74,000人ってのはかなり多い数字や。それだけ多くの人がそのゲームをプレイして、対戦を楽しんでるってことになる。

一方、RPGとかアドベンチャーゲームとか、プレイヤーが一人でストーリーを進めていくゲームの場合、74,000人ってのはそこまで多い数字ちゃうかも。もちろん、74,000人が同時にプレイしてるってのはすごいことやけど、そのゲームがそれだけ多くの人に愛されてるかって言うと、ちょっと疑問が残る。

それに、同時接続プレイヤー数が多いってことは、それだけサーバーに負荷がかかるってことになる。サーバーがダウンしたら、せっかくプレイしてる人が全員ゲームできなくなるんや。

あと、同時接続プレイヤー数が多いってことは、それだけチーターとかマナーの悪いプレイヤーも増えるってことになる。せっかく楽しいゲームなのに、チーターとかマナーの悪いプレイヤーのせいで楽しめなくなるってこともある。

だから、同時接続プレイヤー数が多いってのは、一つの指標としては参考になるけど、それだけで「ええゲーム」って判断するのは難しいと思うねん。

ほんで、そのゲームの内容について詳しく教えてくれへん?どんなジャンルで、どんなストーリーで、どんなゲームシステムなん?

あと、そのゲームの評判はどうなん?ええレビューが多いのか、悪いレビューが多いのか?

そないな情報を総合的に判断した上で、ようやく「ええゲーム」かどうかを判断できると思うねん。

具体的にどんなゲーム?





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する