アイキャッチ画像
xbox.jpg
マイクロソフトは、XboxだけでなくPCやモバイルを含むマルチプラットフォーム戦略を推進しており、その詳細は近日発表される可能性があるという噂が流れています。
この噂は、Windows CentralのJez Corden氏が自身のポッドキャストで語ったことによるものです。Corden氏によると、マイクロソフトは今後数週間の間に、ファーストパーティゲームの開発とパブリッシングに関する新たな計画を発表する予定とのことです。
具体的な内容はまだ明らかになっていませんが、マイクロソフトは今後さらに多くのファーストパーティゲームをPCやモバイル向けにリリースする可能性が高いと考えられています。また、Xbox Game Passのようなサブスクリプションサービスも、マルチプラットフォーム戦略において重要な役割を果たすことでしょう。
マイクロソフトのマルチプラットフォーム戦略は、ゲーム業界全体に大きな影響を与える可能性があります。ソニーや任天堂などの競合他社も、マイクロソフトに対抗するため、独自のマルチプラットフォーム戦略を強化していく必要があるでしょう。



マイクロソフトが自社開発の Xbox 独占タイトルを他機種でリリースするタイトル数を増やすとの噂が最近強まっていますが、それに新たな情報が加わり、公式発表が間近ではないかとの声が高まっています。




Twitterユーザー@IdleSloth84_は現在削除されたツイートで、ゼニマックス(ベセスダの親会社)の匿名従業員が、マイクロソフトのファーストパーティタイトルのマルチプラットフォーム化に関する計画は、今年春にXboxプレジデントのサラー・ボンド氏から直接発表されるだろうと明かしたと主張しました。



Windows Centralのジャーナリスト、ジェズ・コーデン氏は、この主張をさらに煽るようなツイートを投稿し、「それは起こる」とシンプルに述べました。また、XboxEraの共同創設者であるジョン・クラーク氏は、ResetEra上で「明日は興味深い日になる」と発言しました。

Xboxからのそのような発表が近い将来行われることを示唆する証拠も他にもあるようです。Twitterユーザーの@Zuby_Techは、Xbox Developer Directの数日前にリークされたIndiana Jones and the Great Circleについての詳細情報を正確にリークした画像を共有しました。その中には、一人称であること、鞭を使った戦闘があること、ハリソン・フォードが主人公を、トロイ・ベイカーがその役を演じることなどが含まれていました。

Microsoft’s First-Party Multiplatform Strategy Will be Officially Detailed Soon Rumour


マイクロソフトのファーストパーティマルチプラットフォーム戦略、ほんま期待してええのんか?

マイクロソフトがファーストパーティマルチプラットフォーム戦略の詳細を近日発表するという噂が飛び交うてるらしいな。ほんで、その噂の内容がなんとも興味深い。PC、Xbox、モバイルデバイスを含むすべてのプラットフォームでゲームをリリースする計画だとか。

ま、マイクロソフトがマルチプラットフォーム戦略に舵を切ったんは、今更言うまでもないことやけどな。Xbox Oneの失敗を教訓に、サティア・ナデラCEOが就任して以降、積極的にPC市場にアプローチしてきたし、近年はモバイルゲーム市場にも参入しとる。

今回の噂が本当なら、マイクロソフトはさらに一歩踏み込んだ戦略を展開するってことなんやろうけど、正直、どこまで期待してええのか、ちょっと不安なんよな。

まず、一番気になるのは、ゲームのクオリティはどうなるんかってことや。複数のプラットフォームに対応せなあかんとなると、どうしても開発コストが増してしまう。そうなると、どうしてもゲームのクオリティが犠牲になる可能性があるんよな。

マイクロソフトは豊富な資金力を持っとるから、大規模な開発チームを編成して、高品質なゲームを作り上げることができるって人もいるかもしれんけど、過去に多額の資金を投入しながらも、期待通りの結果を出せなかった例はいくらでもある。

それに、マルチプラットフォーム開発って、技術的な課題も少なくないんよな。すべてのプラットフォームで同じクオリティのゲームを提供するのは、そう簡単なことやない。

例えば、PCとモバイルデバイスでは、性能や操作方法が大きく異なる。PC向けのゲームをそのままモバイルデバイスに移植しても、まともにプレイできへん可能性が高い。

そうなると、それぞれのプラットフォームに合わせてゲームを最適化する必要が出てくる。そうなると、開発コストがさらに増えてしまうんよな。

もう一つの懸念は、マイクロソフトが独占路線に走るんちゃうかってことや。マイクロソフトは近年、Activision BlizzardやBethesda Softworksなどのゲーム会社を次々と買収しとる。

これらの買収によって、マイクロソフトは多くの独占タイトルを獲得しとるわけやけど、これがマルチプラットフォーム戦略とどう整合性を取っていくのか、ちょっと心配なんよな。

マイクロソフトは、買収したゲーム会社を傘下に置きながら、今後もマルチプラットフォームでゲームをリリースしていくと宣言しとる。

しかし、将来的には、独占タイトルを増やして、XboxやPCユーザーを優遇するような戦略に転換する可能性も否定できへん。

マイクロソフトのマルチプラットフォーム戦略は、まだ始まったばかりやから、評価するのはまだ早いかもしれん。しかし、上記の懸念事項は、しっかりと頭に入れておく必要があると思う。

マイクロソフトには、ユーザーの期待に応えられるような、しっかりとした戦略を立てて、実行してもらいたいもんやな。

マイクロソフトのファーストパーティマルチプラットフォーム戦略は、非常に興味深い。しかし、ゲームのクオリティや独占路線など、いくつかの懸念事項も存在する。

マイクロソフトには、これらの懸念事項を払拭するような、具体的な戦略を早急に発表してもらいたい。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する