アイキャッチ画像
任天堂スイッチ
2024年2月6日、岡山 - 任天堂スイッチが、日本の家庭用ゲーム機史上最高の販売台数を記録しました。
販売台数
2296万台
PlayStation 2(2295万台)
2017年3月3日
7年
人気の理由
携帯性と据え置き型の両立
幅広い年齢層に楽しめるゲームソフト
手頃な価格
今後の展望
今後も販売台数増加が見込まれる
新型モデルの発売も期待される



任天堂は最近、Switchの累計販売台数が2023年12月31日時点で世界で1億3936万台を超えたことを発表しました。 さらに、地域ごとの販売台数も公開されました。特に日本市場において、ハイブリッドコンソールは大きな節目を迎えました。





任天堂の最新の四半期財務報告書によると、ニンテンドー スイッチは日本国内で累計3334万台を販売し、同地域で歴代最多販売台数を記録した。 これにより、従来の記録保持者だったニンテンドーDS(3299万台)とゲームボーイ/ゲームボーイカラー(3247万台)を抜き去った。

世界的な販売台数で見ると、状況は大きく異なります。先述のように、Switchは世界累計で1億3936万台を販売しており、歴代ランキングでは3位となっています。1位は1億5500万台以上を販売したPlayStation 2、2位は1億5400万台以上を販売したニンテンドーDSが上位を占めています。



Nintendo Switch Becomes Japan’s Highest-Selling Console of All Time


ニンテンドースイッチ、日本史上最高売上台数達成!…ほな、何がすごいねん?

ほぉ、ニンテンドースイッチが日本のゲーム史上、歴代最高売上台数になったらしいな。確かに街中でもよう見かけるし、老若男女問わず遊んでるイメージあるわ。

でも、冷静に考えたら、何がそんなにすごいのかな?って思うねん。

まず、ハード性能は決して高くない。今更PS5やXbox Series Xと比べたら、見劣りするのは当たり前。

ソフトラインナップも、確かに充実してるけど、独占タイトルはゼルダとかマリオとか、昔からあるシリーズばっかり。

それに、オンライン対戦は有料やし、フレンドコード制度とか、未だに古臭いシステムが残ってる。

それでも売れ続ける理由は、やっぱり携帯性と価格帯のバランスが絶妙なんやろうな。

ちょっとしたスキマ時間に、気軽にゲームを楽しめるってのは、忙しい現代人にとって大きな魅力や。

それに、家族みんなで楽しめるソフトも多いから、幅広い層に受け入れられてるんやろうね。

ただ、個人的には、そろそろ新しいハードを出してもええんちゃうかな?って思うねん。

スイッチも発売からもう7年近く経つし、そろそろ性能面で限界が見えてきたんちゃうかな?

せっかくハイブリッド型という新しいジャンルを切り開いたんやから、もっとその可能性を追求したハードを出してほしいわ。

例えば、もっと高性能な有機ELディスプレイ搭載のモデルとか、VR機能付きのモデルとか、色々考えられると思うねん。

もちろん、価格帯は抑えたまま、できるだけ多くの人に手に取ってもらえるようにするのが大事やけど。

あと、オンライン周りのサービスも、もっと充実させてほしいわ。

無料のオンライン対戦は当たり前として、もっと充実したボイスチャット機能とか、ゲームのセーブデータをクラウドに保存できる機能とか、あれば嬉しいな。

まぁ、色々文句は言うたけど、ニンテンドースイッチが日本のゲーム業界を活性化させたことは間違いない事実や。

これからも、新しいハードやソフトで、我々を驚かせてほしいわな。

まとめ

スイッチの成功は、携帯性と価格帯のバランスが絶妙

そろそろ新しいハードの発売を期待

新しいハードは、性能向上、VR機能搭載など、更なる進化を期待

オンラインサービスの充実も希望

雑感

2500文字以上書くのって難しい…





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する