アイキャッチ画像
スーパーマリオワンダー

2023年10月20日に発売された「スーパーマリオブラザーズワンダー」は、発売からわずか3ヶ月で全世界累計販売数1196万本を突破しました。これは、歴代スーパーマリオシリーズの中で最も速い販売ペースであり、任天堂にとって大きな成功と言えるでしょう。
この驚異的な販売数の要因は?
今後の展開
任天堂は、今後も追加コンテンツの配信や、イベントの開催など、様々な施策を展開していく予定です。


任天堂は、Nintendo Switchの販売台数の最新情報を発表するだけでなく、四半期業績報告の一環として、主要タイトルの販売台数も更新しました。もちろん、Super Mario Bros. Wonderは同社が最後にリリースした主力タイトルであり、この横スクロールアクションゲームは引き続き好調な売れ行きを示しています。





2023年12月31日時点で、スーパーマリオブラザーズワンダーは発売から3ヶ月足らずで世界累計1196万本を売り上げました。任天堂は11月に、発売後2週間で430万本を売り上げ、スーパーマリオ関連タイトルとして最速の売り上げを記録したと発表しました。そして、発売以来、驚異的なペースで売り上げを伸ばし続けています。

ゼルダの伝説 王国の涙とスーパーマリオRPGなど、最近発売された他のスイッチの販売数も更新されました。



Super Mario Bros. Wonder Has Sold 11.96 Million Units Worldwide


スーパーマリオブラザーズ ワンダー、世界累計売上1196万本か…ほな、ええんちゃうか?

おう、マリオの新作「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」が世界累計売上1196万本突破したらしいな。ほな、ええんちゃうか? まぁ、歴代トップクラスの売り上げってわけちゃうけど、1年足らずで1000万本超えは立派やわ。

ほんで、肝心のゲーム内容はどんなもんかって? ワシは発売当初からプレイしとるけど、ええとこ悪いとこ両方あるわ。

ええとこ

グラフィックはめっちゃ綺麗で、絵本のようなメルヘンチックな世界観はええ感じや。特に、ワンダー化によってコースが変化するギミックは目新しく、何度遊んでも飽きへん。

操作性は従来の2Dマリオとほぼ同じで、誰でも気軽に遊べる。初心者でも安心して楽しめる難易度設定もええわな。

2人で協力プレイできる「おすそわけプレイ」は、ワイワイ盛り上がれる。特に、上手い人と下手な人が一緒に遊ぶと、絶妙なバランスで楽しめる。

隠し要素が豊富で、やり込み要素も満点。100%クリアを目指すには、かなり時間が必要になる。

悪いとこ

ゲーム全体を通して、難易度の低さが目立つ。ベテランゲーマーにとっては物足りなく感じるかもしれない。

ストーリーは薄っぺらく、ボス戦も盛り上がりに欠ける。せっかくワンダー化という新要素があるのに、ストーリーやボス戦で活かしきれていないのが残念。

オンラインプレイは、マッチングに時間がかかったり、接続が切断されたりする問題がある。せっかくの協力プレイが台無しになることもある。





スポンサーサイト



ps5news
ps5news

FC2ブログへようこそ!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する